至福チーズケーキ【抹茶】 / PRIMAVERA合同会社

至福チーズケーキ【抹茶】 / PRIMAVERA合同会社
至福チーズケーキ【抹茶】 / PRIMAVERA合同会社
  1. 料理の鉄人の店「リストランテ・マッサ」と元教員の実行者矢野のご縁から誕生しました。
  2. 「十勝野フロマージュ」による極上チーズ、有機茶葉栽培の老舗「永田茶園」の高級素材を贅沢に使用。
  3. Makuake限定先行販売!こだわり抜いた4つのフレーバーからお好みでお楽しみください。

現在はMakuakeからのみご購入いただけます!

Makuakeの応援ページはこちら

¥4,800 税込

お取り寄せができます

数量

カテゴリー:, , ,

第一弾として、この度「リストランテ・マッサ」「十勝野フロマージュ」「永田茶園」の日本を代表する老舗3社の力を結集して、世界に誇れるチーズケーキを作りました!

その名も、

全て手作業のため、1日に各25個しか作ることができない、プレミアムなチーズケーキです。

 

『至福』とは何か。

辞書を捲れば、

「この上もない幸せ」

と書いてあります。

世界の皆様にこの上ない至福の時をご提供できるように今回、私たちは、皆で手を取り合い、商品開発に時間をかけました。

老舗企業3社が集まり、7月から商品開発を進めましたが、順調に見えた開発も暗雲が漂いました。ある程度完成はしたのですが、納得いくレベルまで辿りつくには、アイデアが足りない。

味はとても良いものができた。素材も素晴らしい。想いもある。でもまだ「何か」足りない。感覚的なものですが。。。

本当に『至福』の商品をこのままでお届けできるのか?

「お客様に、開発に参画してもらったらどうでしょうか?」

商品開発を応援していただいている有志の方の一言で、商品開発に光が差しました。

「そうだ。私たちがこのプロジェクトを立ち上げた原点は、お客様だった。」

それから、代官山にある「メグダイ」様が、商品開発したものの試食ができる「場所」をご提供して下さいました。

そこで、たくさんのお客様に試食して頂き、「感想」「ご意見」を頂きながら、たくさんの試行錯誤を重ねて参りました。また、SNSでも商品開発グループを作り、ご意見、ご要望などをお聞きし、今回の商品開発に活かすことができました。

ご意見例
:大きさが大きい。2人で食べられるような大きさのものも欲しい。
:フレーバーが少し濃いかもしれない。
:とても美味しい。すぐにでも買いたい。 etc…

プロだけの目線、味覚だけではない、「食べていただけるお客様の目線と味覚」

『至福』のチーズケーキを作るため、時間と労力を惜しまず、お客様ファーストの気持ちで、商品開発に取り組んでおります。本プロジェクト期間中でも「メグダイ」さまにて試食をして頂けます。たくさんのご意見を頂けましたら幸いです。

 

「皆様と作り上げた『至福』チーズケーキ」

として誇りを持って皆様のお手元にお届けいたします!

 

SHIFUKU cheese cakeを作るにあたって、素材の良さを「究極」に生かすことを大切にしました。

そうすれば、必然的に美味しいものができると考えるからです。さらに、体に悪いものを使わないことと、味覚を錯覚させるものを使わないこと。

現在世に溢れているスイーツには着色料や酸味料、保存料、そして甘くするための大量の甘味料・・・「甘くすれば売れる」で考えられた商品が多すぎます。

 

私たちは、お客さまに偽りなく、真摯に、

 

 

 

それから商品開発に半年の月日が流れ、ある程度満足するチーズケーキが出来上がってきた時のこと。監修してくださっている吉田シェフに相談をしました。

「レモン果汁入れますか?」

「バニラは」

「チョコレートは」

味を最善に仕上げたい一心で、私たちはいろいろなものを試そうとしていました。

 

 

しかし、

「そんなのいらないですよ」

「チーズ本来の素晴らしい酸味があるじゃないですか」

「柑橘でごまかす必要ありますか?」

シェフはしっかりとそう言い放ちました。その場の空気が張り詰めます。

 

そうだ、私たちは

素材同士の良さを究極に生かすチーズケーキを作るんだ。

 

チーズケーキは重い。重いから、さっぱり食べさせたい。そのためにレモンをはじめとする柑橘の果汁をチーズケーキに入れる。それがチーズケーキのセオリーです。事実、世の中の多くのチーズケーキには、レモンや柑橘の果汁が含まれています。

でもSHIFUKU cheese cakeには、柑橘は入れないし無駄な香料・甘味も入れない。そして抹茶やほうじ茶や紅茶の「苦味・甘味・旨味」を最大限に活かし、チーズの甘味と酸味、そのおいしさを全面に出しています。

 

 

SHIFUKU cheese cakeは、フォークを刺した瞬間に手に伝わる弾力を決して裏切らない、濃厚な味が楽しめるケーキです。けれど、内側は柔らかくしっとりとした食感。まろやかで濃いチーズの味と、お茶が持つ深い旨味と味わいを、口の中でゆっくり、じっくりと味わってください。

冷蔵庫で解凍3〜4時間でお召し上がりいただけます。その後お好みで常温に戻してからお召し上がりいただくと、チーズとお茶の香りをよりはっきりと感じることができます。

プレーン:

ひんやりとしたケーキを一口大に切って口に運ぶと、まずチーズの甘酸っぱい香りが口の中に広がり、甘さもしっかりと感じられます。豊かな甘味を堪能しているうち、数秒後にはチーズ本来のしっかりとした酸味が追いかけてきて、まろやかな食感と余韻を楽しむことができます。

 

抹茶:

抹茶が持つ、芳醇なお茶の香りが口から鼻に抜けていきます。同時に、濃くてまろやかなお茶の旨味を感じます。少し後にチーズの香りが広がり、お茶の香りと共に混じり合って広がっていきます。チーズと抹茶の両方の味と香りをしっかりと味わうことができ、舌で味わっているうちに、一口、また一口と、どんどん食べ進めてしまう美味しさです。

 

ほうじ茶:

チーズの甘味を感じた直後、香ばしく焙煎されたほうじ茶の香りが口から鼻に広がって抜けていきます。次に、ほうじ茶そのものを味わっているかのような、しっかりと濃いお茶の味わいが、なめらかな食感と共に口の中に広がります。香りは余韻となってしばらく口の中に留まります。ほうじ茶への価値観を覆すような驚きがある、手が止まらない美味しさです。永田茶園のほうじ茶は、玉露や煎茶の茎の部分を選別して焙煎した「棒ほうじ茶」。茶葉を芯まで入り上げて、深く香ばしい味と香りを引き出しています。

 

紅茶:

食べた瞬間に感じるのは、紅茶ならではの、花のような華やかな香りが口いっぱいに広がる様。そして、紅茶の甘味と旨味をしっかりと味わうことができます。その後にお茶が持つほのかな苦味を感じ、豊かな香りを余韻として楽しみつつ、すっきりとした後味で満足感の高いケーキです。

 

このSHIFUKU cheese cakeを、今だけのMakuake限定価格でリターンとしてご用意いたしました!次回、オンラインショップで使えるクーポン券の特典もご用意!

先着人数限定でのご用意です

通常販売予定価格5,800円(税込、送料込)のところ、先着350名様限定で4,800円でのご用意です。なんと1,000円引き!お好きなフレーバーをお一つお選びいただけます。この機会にぜひご購入ください!

 

万が一、先着順のチャンスに間に合わなかったとしても、超早割・早割のチャンスが待っています!!

超早割はプレーンが200個限定、その他のフレーバーは各150個限定で、5,200円でのご用意です。早割はプレーンが300個限定、その他のフレーバーが各200個限定で5,500円でのご用意となります。もちろん全て送料込でのお値段です。

 

たくさんの人にSHIFUKU cheese cakeを知って欲しいから。ご購入後、SNSでご感想・お写真をご紹介くださった皆さまに、SHIFUKU cheese cakeオンラインストアで次回使える10%OFFクーポン券をプレゼントいたします。

手順:

① #shifukucheesecake のハッシュタグをつけて、写真・感想をSNSに投稿してください。

②投稿完了後、Makuakeメッセージで「SNS投稿されたURL」をご報告お願いいたします。

確認後、Makuakeメッセージでクーポンコードをお送りさせて頂きます。皆様のご投稿を楽しみにお待ちしております!

※2022年7月末までにご投稿いただいた方が対象となります。
※10%OFFクーポンは付与日より180日間有効です。

 

 

 

「至福の味」の理由

味の監修は、「リストランテ・マッサ」です。東京、恵比寿にあり、創業23年の老舗有名イタリアンレストランです。

以前、「料理の鉄人」という番組があったのはご存知でしょうか?その番組の4番目のイタリアンの鉄人をされていた、神戸勝彦シェフのお店になります。

現在は、オープニングスタッフであり、一番弟子である吉田洋平シェフが、アイアンシェフの味をしっかり守り新しい料理の提案をどんどんされています。

一流レストランの一流シェフが監修したチーズケーキ。「至福の味」間違いなしです。

 

 

 

世界のブランドとして周知されている北海道の「十勝」。その十勝の中でも、真摯にチーズ、バターを作られている「十勝野フロマージュ」先代の会長が、日本の一部上場の乳製品を取り扱う企業に40年勤め上げられ、その後フランスに修行に行かれ、本場の製法を学び、十勝に工場を造られました。

そのこだわりのチーズはJAL国際線ファーストクラス、洞爺湖サミットに採用され「農林水産省生産局長賞」「オールジャパンナチュラルチーズコンテスト金賞」など他にも多数、数えきれないほどの受賞歴を持つ、実力派のチーズ工房です。

SHIFUKU cheese cakeは、十勝野フロマージュのチーズだけを使用した、贅沢なチーズケーキになります。「至福の素材」であることは、間違いなしです。

 

 

 

世界ブランドである「宇治」のお茶。今、ヨーロッパ、アメリカなど、海外でも抹茶ブームが起こっております。

京都・宇治の「永田茶園」

「先代の永田愛二郎創業者は昭和初期、わずか15歳から茶問屋に奉公し、やがて農林大臣賞受賞にいたるほど高い焙煎技術が評判の職人となりました。やがて日本は高度成長期を迎えます。お茶の栽培も生産性を求めるあまり、大量の農薬を撒くことが当たり前になっていきました。虫がいなくなった茶畑を目の当たりにした永田愛二郎創業者は深い疑問を抱きます。」

創業以来、「トンボの飛び交う茶園」を大事にされ、お客様の健康を第一に考え、無農薬、有機茶をこだわり抜いて作ってこられたトンボが飛び交うとはどういうことかと言いますと、農薬を散布するのが、茶畑のスタンダードなのですが、農薬を撒くと、当然トンボが飛び交うことはないそうです。農薬を使わずに、「どうやって害虫を駆除するのか」と言いますと蜘蛛、てんとう虫、カマキリ、トンボなどの益虫に害虫を駆除してもらうのです。みなさんも茶畑を見る機会がありましたら、トンボが飛んでいるか確認されても良いかもしれません。

その手間暇かかって作られた、「永田茶園」の高級グレードの「抹茶」「ほうじ茶」「紅茶」をフレーバーに使用しております。「体が至福」になること間違いなしです。

 

 

 

 

オールジャパンナチュラルチーズコンテスト「優秀賞」受賞
十勝野フロマージュの代表作の一つでもある「クリームチーズ」

「フランスの製法」を忠実に守り、一つ一つ丁寧に、人の手で作ったクリームチーズです。

十勝産生乳とクリームを用いてつくられるクリームチーズは上品な風味に加え、優しい酸味となめらかさが特徴です。

濃厚な味ですが、後味はさっぱりしていて、チーズケーキのチーズにとても適しています。コンテストでも高い評価をいただいた、クリームチーズ100%贅沢に使いました。他社製のチーズは一切使用しておりません。

「Made in Tokachi」

本場ヨーロッパにもたくさん良いチーズはありますが、日本が、世界に誇れるクリームチーズだと思います。

 

フレーバーは歴史ある有機茶園「永田茶園」の「有機JAS認証」取得済みの高級茶「抹茶」、「ほうじ茶」、「紅茶」を使用。

無農薬、化学肥料不使用をこだわって、お客様の健康を第一に考え、味も一流で、世界からの評価も高い茶葉です。ヨーロッパ、アメリカなど海外からの評価も高く、海外のマーケットにも流通しております。

そのこだわり抜いた「永田茶園」の茶葉の中でも、高級グレードの「抹茶」「ほうじ茶」「紅茶」を使用します。京都・宇治の有機茶で、グレードの高い茶葉をスウィーツで使用する理由は、「味」「風味」の違いももちろんですが、世界にMade in JAPANのスイーツの素晴らしさを伝えたいという理由もあります。

 

 

 

日本では、添加物が多く含まれた商品が多く素材に使われる農作物にも、海外では使用できない農薬、化学肥料を使ったものもあります。「お客様のことを第一」に考えるのであれば、味だけではなく、身体に配慮した素材をしっかり選ぶ必要があると思います。

 

「SHIFUKU cheese cake」は全て、自社工場で、手作りで作ります。
各種25個ずつ、1日に100個しか作ることができないプレミアムなケーキです。

チーズ作りから、ケーキ作り、配送まで、しっかり目の届く自社工場で行います。徹底した管理体制のもと、本商品をお届けいたします。

 

 

 

 

大人な食べ方

コーヒー、紅茶と会うのはもちろんですが、一度、イタリアのお酒、グラッパと共に召し上がっていただきたいです。グラッパとは、イタリアのブランデーと認識していただいて結構です。「SHIFUKU cheese cake」の濃厚で、爽やかなチーズケーキに、芳醇な香りのブランデーがよく合います。疲れた体を癒す、この上ない贅沢なひとときを。

 

 

 

企画者・販売者であるPRIMAVERA 合同会社は、元教職員の集団です。依然として学校現場の大きな課題の一つである不登校問題。弊社の社員は不登校生徒に寄り添い、不登校生徒を中心に学級経営することを大切にし、教壇に立って参りました。

ある日、「家から出ることのできない、この子の将来が心配です。先生、この子の働く場所を作ってあげて。農業ならばできるから。」と、不登校の子の親に投げかけられました。

その言葉を胸に、弊社の代表は教職を辞しました。子どもたちが社会復帰できる場所を作るために、農業・そしてその出口となる販路を作るべく、食品の商品開発の道へと進むことを決意しました。本プロジェクトのきっかけともなる出来事です。

そして、代表がかねてより面識のあった神戸勝彦シェフの「リストランテ・マッサ」。イタリア留学時代に知り合い、切磋琢磨し、神戸シェフからも、現オーナーの神戸かをり社長からも、返しきれないほどのご恩をいただきました。

そのご恩返しのために、マッサのために少しでもできることがあればと常日頃考えておりました。その時、マッサがきっかけとなりご縁の繋がった「十勝野フロマージュ」、そして「永田茶園」。

2020年からのコロナウィルスの打撃で、3社とも売上は激減していました。3社とも、老舗で多くのファンの方がおられ、「第一にお客様のことを真摯に考えている」、素晴らしい会社です。弊社は、少しでもお力になれることがあればと、「3つの会社の強みと良さを結集し、Made in JAPANの美味しいものづくりを、日本、そして世界に広めたい。」と考えました。

4社の願いを実現し、日本だけではなく世界の皆様方を、地球全体を幸せにするための新商品を作ることにしました。皆様の応援をどうぞよろしくお願いいたします!!

 

名称 冷凍チーズケーキ
原材料名 ナチュラルチーズ、グラニュー糖、クリーム、鶏卵、コーンスターチ、有機抹茶、塩、安定剤(増粘多糖類)(一部に卵、乳成分を含む)
保存方法 -18℃以下で保存してください。
賞味期限 30日(冷凍)解凍後、冷蔵3日以内
内容量 1個(直径12cm、280g外箱除く)
レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA