合計6,000円以上(税込)のお買い上げで送料無料

合計6,000円以上(税込)のお買い上げで送料無料

IPXって何??


スマホをはじめとする様々な電化製品で目にするIPx。メグダイでもIPxがついている製品はたくさんあります。このIPXとはいったい何なんでしょうか。ガジェットを語る上では必須なキーワードです!一緒に見ていきましょう!!

IP68などとも表記されている製品やIPx8と表記されている製品をみるとIPx〇とIP〇〇は全く違うものなのかと考えてしまうかと考えてしまいそうですが、前についている製品と後ろについている数字で意味は異なります。

IP以降の左の数字は防塵、右の数字は水への耐性(防水、耐水など)です。

今日は防水について規格を明確にお話していきます。

IPX0 –耐水性が全くないことを意味します。

IPX1 –垂直に落下する水滴に10分間耐えることができます。水の量は1分あたり1mmの降雨量に相当します。

IPX2 –15°の角度で傾けられているときに水滴が落下しても耐えることができます。対象品を4回(それぞれ別の4つの位置で)テストされ、水の量は1分あたり3mmの降雨量に相当します。

IPX3 –水のスプレーに耐えることができます(IECによって承認された平衡シールド付きのノズルによってスプレーされます)。水は、垂直軸から測定して最大60°のさまざまな角度で噴霧されます。水の圧力は50〜150kPaで、5分間のテスト中に噴霧される水の量は50リットルです。

IPX4 –あらゆる方向からの水の飛沫に耐えることができます。IPX3と同じノズルをこのテストに使用できますが、物理的なガード等を取り外す必要があります

IPX5 –6.3mmのノズルからランダムの角度で投射される小さなウォータージェットに耐えることができます。テストは15分間続き、水の量は12.5L/分

IPX6 –12.5mmのノズルから任意の角度で投射される強力なウォータージェットに耐えることができます。テストは3分間続き、水の量は100L/分です。

これ以降は着水していきます。

IPX7 –最大1mの水に30分間浸しても損傷することなく耐えることができます。IPX7定格のすべてのデバイスは、完全防水と見なされます。

IPX8 –1mより深い水(通常は最大3m)への浸漬に耐えることができます。テストの期間は、製造元と協力して決定されます(浸漬される時間に決まりはないのですが、通常、IPX7定格のテスト時間よりも長くなります)

IPX9K –レベル9Kの耐水性定格を持つデバイスは、強力なウォータージェットに耐えることができます。テストには高温水(80°C / 176°F)が使用され、対象品は近距離(0.1〜0.15m)からスプレーされます。水圧は非常に高く(8-10MPa)、噴霧水の量は14-16L/分とされています。一般的には使用されるような製品ではあまり使わないですね!

ガジェットのことをもっと知りたい方はメグダイLineアカウントに登録とメグダイのブックマークをお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA